次回の開催について 見出し



2022年3月吉日


会員各位

第134回講演会のご案内

「神奈川21世紀の会」事務局

 

 謹啓 春暖の候、益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
 さて、「神奈川21世紀の会」第134回講演会の講師とテーマ、開催場所が下記の通り決まりましたのでご案内申し上げます。

 今回は、元内閣官房副長官補の兼原信克・同志社大特別客員教授をお招きします。兼原さんは外交官で第2次安倍政権の発足とともに官邸入り。長期政権下の「官邸外交」の実務の中枢を担っていました。講演では今般のウクライナ情勢と、日本の外交・安全保障環境の今後についてお話しいただきます。
 どうぞ万障お繰り合わせのうえ出席ください。

謹白


【講 師】同志社大学特別客員教授 兼原 信克 氏

【テーマ】「ウクライナ情勢と日本の外交・安全保障環境の今後」(仮題)

【日 時】2022年4月28日(木)16時00分~17時30分(15時30分受付開始)

【場 所】横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 5F「日輪Ⅳ」
     (横浜市西区北幸1-3-23 Tel. 045-411-1111)

※懇親会は行いません。講演会中にケーキとコーヒーをお出しいたします。

【出演者プロフィール】

兼原 信克(かねはら・のぶかつ)氏
1959年山口県生まれ。東京大法学部卒。81年に外務省入省。 国際法、安全保障、ロシア(領土問題)が専門分野。 条約局法規課長(現国際法課長)、北米局日米安全保障条約課長、 総合政策局総務課長、欧州局参事官、国際法局長を歴任。 国外では欧州連合(EU)、国連、米国、韓国の大使館や政府代表部に勤務。2012年発足の第2次安部政権で内閣官房副長官補(外政担当)、14年から国家安全保障局次長を兼務し、19年退官。

※会場受付にて、チラシやサンプリングなどの配布を承ります。会員の皆様の企業PRや新製品・サービスPRの 機会として、本講演会をご活用ください。詳細は事務局までお問い合わせください。
※出欠は4月25日(月)までにご連絡ください。